電話して相談する

水のコラム

給湯器から水漏れする原因は?修理費用や水漏れを放置するリスク

2021年06月17日  給湯器の水漏れ

給湯器が水漏れする主な原因5つ

給湯器から水漏れする場合の、主な原因をご紹介しましょう。

・内部のゴムが破損する
給湯器を長時間使用していると、内部に使用されているパーツのひとつであるゴムの劣化によって、水漏れすることがあります。給湯器の内部には、水漏れを予防するためにゴムで作られたパーツがいくつか取り付けられています。しかし、ゴムは経年劣化すると固くなり弾力もなくなるため、部品との間に隙間ができて水漏れにつながるのです。

ゴムそのものは値段が高い部品ではありませんが、交換するためには給湯器を分解する必要があり、自分では対処できません。また、ゴムが経年劣化して水漏れするケースが多いものの、給湯器を長期間使用していると内部の金属にサビが発生し、水漏れするケースもあります。給湯器の内部の金属がさびるとパイプを交換しなければならず、修理費用が高額になることもあるでしょう。

・配管が凍結する
寒い時期に気温が下がると、配管が凍結して水漏れすることがあります。寒冷地タイプの給湯器を使用している場合や、配管が凍結しないように予防している寒い地域ではなく、気温が高い関西地方や関東地方で凍結のトラブルが起こる傾向が強いです。配管の内部にたまった水が凍結し膨張すると、配管にひびが入ります。そして、気温が上昇して氷が溶けると、ひびが入った箇所から水が漏れるという仕組みです。

・取り付けの際にミスがあった
給湯器を交換したり取り付けを行ったりした際に、正しく設置作業が行われていないと水漏れすることがあります。給湯器を設置した直後は問題なく使用できていても、長時間使用していると正しく設置できていなかった場所に負担がかかり続けるため、水漏れを起こるのです。交換時や設置時にミスがあった場合は、施工を行った業者に相談しましょう。

・長時間給湯器を使用していなかった
旅行や出張で長期間給湯器を使用していないと、水漏れが発生することがあります。その場合は、水抜き栓から水を出して、給湯器の圧力を下げましょう。水を排出したあとに、通常通り使用できれば問題ありません。また、寒い地域や冬の時期には、長期間使用しないことによって水が凍ることもあります。凍結によるパーツの破損につながることも少なくありません。

・水抜き栓から水が出ている場合は水漏れではない?
給湯器の下の部分に水抜き栓と呼ばれるパイプがあり、水漏れではなくパイプから水が出ていることがあります。基本的に、水抜き栓から自然に水が出ることはありません。水抜き栓から水が出ている場合は、水抜き用バルブがゆるくなっているケースが多いでしょう。水抜き栓がしっかりと閉まっているかどうかをチェックすることが大切です。

給湯器の水漏れの修理代とは

給湯器の水漏れを修理する場合、費用は作業代1万円程度が相場です。交換や修理が必要なパーツによって、合計費用は異なります。たとえば、排水管にトラブルが起こり水漏れしているのであれば、排水管に設置されているパッキンを新しいものに変更しなければなりません。

パッキンだけであれば、修理代は数千円程度で交換できます。ただし、給湯器そのものが故障している場合は、部品を交換するだけではなく電子制御基板といった大きなパーツを交換しなければなりません。交換するパーツによっては費用が高額になることもあるでしょう。

さらに、給湯器を10年以上使っていると、経年劣化が原因で水漏れしている可能性もあります。修理をするのではなく、新しい給湯器を購入し、交換したほうが費用を抑えられるかもしれません。その際は、給湯器そのものを取り外したり撤去したりするため、給湯器本体以外の作業費用がかかります。

電気式給湯器はガス給湯器と比較して長期間使用できますが、本体の価格も高いことが特徴です。ただし、水漏れを放置すると状況が悪化する可能性が高いため、修理をするのか給湯器そのものを交換したほうがいいのかについては、専門業者に相談しましょう。

給湯器の水漏れでガス代や電気代がかかる

給湯器の水漏れを放置すると、たくさんの水を無駄にすることになり、お湯を沸かす際にも時間がかかるため、ガス代も高額になります。いつもはガス代が1万円ほどだったにもかかわらず、給湯器の水漏れを放置したところ、ガス代が3万円ほどにまで上がったというケースもあるので、可能な限り早く対策しましょう。

また、ガス給湯器が水漏れすると下の階に浸水し、迷惑をかけることもあります。さらに、不完全燃焼で一酸化炭素中毒を起こすといった危険性もあるのです。一酸化炭素には臭いがなく、漏れていることに気づかないことも多いため、非常に危険です。命を落とす可能性もあるので、給湯器の水漏れは決して放置しないようにしましょう。

給湯器は電気を使って動かす機械です。配管の故障で水漏れをしている場合は、給湯器の内部に水が入るとショートし、火災につながるリスクもあります。

給湯器から水漏れしたらとっとり水道職人へお電話ください

給湯器から水漏れしている場合、放置すると重大な事故につながることもあります。自分で対処するのが難しい場合や、水漏れの原因を特定できない場合には、専門業者に依頼しましょう。

とっとり水道職人は鳥取市、米子市、倉吉市、境港市、八頭町、岩美町など、鳥取県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでの詰まりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にとっとり水道職人にお問い合わせください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315