水のコラム

トイレが水漏れするのはなぜ?タンクによくあるトラブル紹介

2021年05月16日  トイレの水漏れ

トイレで起きるさまざまな水まわりのトラブル。
詰まりや水漏れなどいろいろなトラブルが発生しますが、中でも水漏れは考えられる原因も症状もさまざまで、いったいどう対処すればいいのかわからないという方も多いのではないかと思います。

今回はトイレの水漏れの原因となるトラブルの中でも、特にタンク部分の不具合・故障について注目し、主にどんなトラブルが発生するのか、症状別にひとつひとつ解説していきたいと思います!

トイレタンクが故障した際の、さまざまな症状とその原因

トイレのタンク内でなにか不具合が起きている、故障していると思われる場合、実際に発生しているトラブルの症状でおおまかな原因を特定できることも多いです。
タンク内の部品やパーツの名称、仕組みなどはよくわからなくても、普段使っているときと違う症状があらわれていればそれにはすぐに気がつけるはず。
そこで、トイレのタンクで起きるトラブルの症状と、そこから考えられる原因についてご紹介します。

・タンク内の水位が通常よりも高い
トイレタンクのフタを外して内部を確認すると、本来の状態よりも水位が高くなっていることがあります。
この場合、ボールタップになんらかの不具合や故障が発生している可能性があります。
通常の水位がそもそもどの辺りかわからないという方は、オーバーフロー管という部品を目安にしてみてください。

オーバーフロー管の先端から2、3cmほどの高さが通常の水位なのですが、それよりも高く鳴っている場合は不具合が起きていると考えられます。
ボールタップは、浮き玉とつながっていて、タンク内部への水の出入りを調整する役割を持つ部品です。
浮き玉を持ち上げると水が止まるケースと止まらないケースがあり、後者の場合にはボールタップの交換が必要になります。
 
 
・タンク内の水位が通常よりも低い
先ほどは水位が高いケースをご紹介しましたが、ときには水位が通常よりも低くなることがあります。
この場合、鎖とフロートバルブ、レバーなどの部品が故障していることが考えられます。
フロートバルブは、タンクから便器へ流れる水をせき止める栓の役割を持った部品です。
このフロートバルブが壊れてしまうと、便器内で水が流れ続けるというタイプの水漏れが起こります。

そしてレバーとは、タンク横についている、トイレに水を流すハンドルのことです。
鎖でフロートバルブとつながっているのですが、レバーの方が壊れてしまうとやはり便器内に流れる水が止まらないという水漏れトラブルが発生します。
似た症状の水漏れが起こるフロートバルブとレバーの故障ですが、どちらに問題があるのか見分けたいときには一度レバーを回してみてください。
回した後レバーが元の位置に戻るようであればフロートバルブ、元の位置に戻らない場合にはレバーが故障している可能性が高いです。

トイレタンク内部で起きている、トラブルの対処法

ボールタップやフロートバルブ、レバーなど、たくさんのパーツがある分トラブルの原因や理由の幅も広いトイレタンク。
ひとつひとつの症状に対する解決方法を、みていきましょう。

・ボールタップを調整する
タンク内の水位は通常よりも高いものの、浮き玉を持ち上げれば水が止まる場合には、ボールタップを少し調整するだけで問題なく使えるようになります。
止水栓を止めた上で、ボールタップ付け根の調節リングを回し、オーバーフロー管でチェックできる目安の水位になるよう調整すればオーケーです。
 
 
・ボールタップを交換する
ボールタップ自体が故障している場合には、部品を交換する必要があります。
ナットを取り外してタンク内から引き抜くことでボールタップを外し、また逆の手順で新しいものを取り付けます。
 
 
・フロートバルブを交換する
工具等必要なく、手で持ち上げるだけで外せるので比較的簡単な作業といえます。
フロートバルブを新しいものに交換する際に気をつけたいのは「鎖の長さ」です。
ちょうどいいバランスに調整するため、古いものを残しておいて目安にしましょう。
 
 
・レバーを交換する
ボールタップ同様、ナットで固定されているためナットを外しての交換作業となります。
取り付ける向きや位置が決まっていますので、元の通りに取り付けられるよう交換作業に移る前に写真などを残し、確認できるようにしておくと安心です。

トイレタンクの故障は自分で直せるケースも

トイレタンクの故障とひとくちにいってもいろいろなパターンがありますが、中には自力で部品を交換するなどして修理することができるケースもあります。

ですが、トイレタンクのどこがどのように故障したのか、交換するべき部品がどれか…など現状を的確に把握できたとしても、新しく購入する部品の型番をチェックして選ぶのが
大変だったり、交換作業自体が難しく感じられたりすることもあるかと思います。
そんなときには、あまり無理せず水道修理業者へトイレタンクの部品が故障したと思われる旨を連絡し、修理を依頼することをおすすめします。

トイレの水漏れに困ったら水道修理業者へご連絡を!

トイレの水漏れは、タンクをはじめさまざまな箇所のトラブルで発生します。
自力で対処できるケースもありますが、少しでも作業に不安を感じたり、トラブルが起きている箇所を特定できなかったりという場合には迷わず水道修理業者へご連絡するのがおすすめです。

とっとり水道職人では、鳥取市や米子市、倉吉市や境港市、岩美町をはじめ鳥取県内の各種水道トラブルに対応しています。
トイレの水漏れをはじめ水まわりのトラブルで困ったら、ぜひとっとり水道職人へご連絡ください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315