水のコラム

お風呂のシャワーが水漏れしている!パターン別の対処方法

2021年06月17日  浴室のトラブル

お風呂のシャワーが水漏れしている場合、原因は4つ考えられます。ここでは、お風呂のシャワーが水漏れした際の対処法について、パターン別にご紹介しましょう。

お風呂のシャワーの水漏れパターン①:エルボ・ホース接続部から水漏れしているケース

エルボ・ホース接続部から水漏れする原因は、長期間使用していたことによる傷み、腐食などによるエルボの故障といったことが挙げられます。そのため、最初に接続ナットをしっかりと締めましょう。

・エルボ・ホース接続部から水漏れしている場合の対処方法
シャワーホースのナットを、時計回りに回します。接続部から水漏れしているときは、基本的にはナットが緩んでいるため、ナットを締めれば水漏れは解消されるでしょう。ただし、手で締めると緩みやすいため、レンチを使って締める方法がおすすめです。

ナットを締めても水漏れが直らない場合は、パッキンを確認しましょう。パーツに傷がついていないか、劣化によって変形していないかを確認します。接続の際に、パッキンがずれてしまうことも少なくありません。

パッキンがねじれている場合は手で直し、パッキンが変形したり、傷がついていたりする場合は、新しい物に交換します。交換する際は、ホームセンターや通販サイトで、使用しているパッキンと同じサイズの物を買いましょう。

お風呂のシャワーの水漏れパターン②:カランから水漏れしている場合

カランから水漏れしている場合は、パッキンの劣化が考えられます。パッキンはゴムでできたリング状の物であり、お風呂場の様々な箇所で使用されています。

しかし、長時間使用していると劣化して水漏れを起こすことが多いです。もしくは、切り替え弁にトラブルが起こっている可能性もあるでしょう。切り替え弁は、湯と水を出す量を調節するほか、蛇口とシャワーを切り替える際に必要なパーツです。

・カランから水漏れする場合の対処方法
水漏れしている場合には、ナットを確認してしっかり締める、もしくはゴムパッキンを交換しましょう。まずは、レンチを使ってナットを締め直し、水漏れしないかどうかを確認します。ナットを締めても水漏れする場合は、ナットの内部にあるパッキンが劣化しているかもしれません。古くなったパッキンが貼りついているときは、ペンチを使って剥がしたうえで、新しい物に交換します。

お風呂のシャワーの水漏れパターン➂:シャワーヘッドから水漏れしている場合

シャワーヘッドから水漏れする原因は、パッキンが劣化している、シャワーヘッドそのものが故障しているといったことが挙げられます。シャワーヘッドを取り外し、壊れた箇所や劣化している箇所がないかどうかを確認しましょう。

劣化しているのであれば、シャワーヘッドのパッキンを交換しなければなりません。ホースとシャワーヘッドの付け根をひねってシャワーヘッドを取り外し、新しい物に交換します。シャワーヘッドに使用しているパッキンと同じサイズの商品を購入し、パッキンを交換して水漏れしないかどうかを確認しましょう。

お風呂のシャワーの水漏れパターン④:シャワーホースから水漏れしている場合

お風呂場のシャワーホースはゴムでできているため折れやすいことが特徴です。ホースは外側と内側の2層になっており、折り目がついただけでは水漏れしません。しかし、シャワーホースが折れた状態で使用し続けていると、内側が破れて水漏れします。シャワーホースが破れている場合は、シャワーホースごと交換する必要があるでしょう。

自分で対処するのが難しい水漏れ

水栓本体のバルブが原因で水漏れしている場合は、水栓を分解して水栓かバルブを交換する必要があります。水栓かバルブ、どちらを交換すればよいのか確認することは非常に困難です。バルブを交換しても、水漏れの原因はほかにあったというケースも少なくありません。

水漏れの原因がわからない場合や複数箇所から水漏れしている場合は、自分で修理するのではなく、専門業者に依頼をしたほうがスムーズです。ほかのパーツを壊してしまうといったリスクもありませんので、水漏れの箇所や水漏れ度合いによって、自分で対処するのか業者に依頼するのかを検討しましょう。なお、業者に依頼する場合は、水漏れしている箇所を一時的に応急処置する必要があります。

シャワーの水漏れの応急処置方法

一時的に応急処置をする際、プラスとマイナスのドライバー、防水テープを準備しましょう。最初にマイナスドライバーを使って、シャワーの止水栓を閉めます。バルブを止めているネジをプラスドライバーで緩めたら、バルブの取っ手の部分を取り外し、バルブの先に防水テープを巻きつけます。外したパーツを元に戻し、止水栓を開いて水漏れしないかどうかを確認しましょう。

お風呂のシャワーの水漏れはとっとり水道職人へお電話ください

お風呂場のシャワーから水漏れしている場合は、自分で部品を交換することで水漏れを止めることも可能です。ただし、シャワーではなくバルブが壊れている場合は、自分で対処するのは困難だといえます。その際は、専門業者に依頼しましょう。

とっとり水道職人は、鳥取県鳥取市、米子市、境港市、伯耆町、南部町などでお風呂の水漏れトラブルのご相談を受け付けています。お風呂のシャワーの水漏れをはじめ、水回りのトラブルを解決いたします。まずはお気軽に、とっとり水道職人にお問い合わせください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315