水のコラム

キッチンの排水口が流れない!水漏れのトラブルにつながる危険も

2021年09月07日  キッチンのトラブル

キッチンの排水口の詰まりとは?

日ごろから料理をされる方にとって必要不可欠なキッチンのシンクですが、水が詰まってしまうトラブルが起きやすい場所でもあります。自炊をしないという方も、まったく無関係な話ではありません。カップ焼きそばを作る際に湯切りに使用し、洗い物はシンクで行うという場合も、詰まりの可能性は十分にあるからです。

シンクの排水口が詰まってしまうと臭いの元になったりコバエやカビが発生したりと、住環境を悪化させる原因にもなりかねません。最悪の場合は流れなかった水が逆流して部屋に漏れ出してしまい、シンク下の収納棚や床板を腐らせる原因にもなるので注意が必要です。今回は、キッチンの排水口が詰まる原因と解消方法、予防の仕方について解説します。

油汚れと食材の屑にご注意を

調理器具や揚げ物などの料理を載せたお皿を洗うと、油汚れが排水溝に流れます。この油汚れが少しずつ排水溝の内側に蓄積していくと、排水溝の詰まりを引き起こすのです。料理をしないから大丈夫、と考える方もいらっしゃるでしょう。湯切りをしたカップ焼きそばのお湯や、カップラーメンのスープなどにも油は多量に含まれています。容器をすすいだだけでも、その油は分解されることなく排水溝内で固まってしまうのです。

そこに調理時に出た野菜の皮や魚の鱗、お皿に残った揚げ物の天カスなどが絡みつけば、あっという間に大きな塊に成長し、排水管を詰まらせてしまうのです。油は固まった直後であれば温度の変化で液状に戻ることもありますが、時間が経てば経つほど、石のように硬くなってしまうものもあります。

排水管の奥にこの塊が詰まってしまうと、ご家庭で対処ができなくなることもあります。場合によっては特殊な機械を使用した高圧洗浄が必要です。この高圧洗浄を行った場合、高ければ5万円ほどの修理費がかかってしまうこともあります。油汚れや食材のカスによる詰まりは、ある日いきなり水が流れなくなるようなものではありません。

排水管からゴボゴボと音がするようになり、徐々に水の流れが悪くなり、最後に詰まるといった感じで段階を踏んで悪化していきます。そのため、初期段階で詰まりを除去すれば、ご自宅でも十分に対処が可能な場合があるのです。

重曹とクエン酸で油汚れを溶かす方法

掃除アイテムとしても身近な重曹とクエン酸を使った詰まりの除去法を紹介します。まず、重曹1/2カップとクエン酸1カップをご用意ください。これを混ぜた状態で排水口に入れます。そこに50℃くらいに冷ましたお湯を200ml注いでください。ぶくぶくと泡が出ますので、30分ほど時間を置きます。時間が経ったら、排水口を洗い流してください。これだけで油が剥がれて詰まりの元を除去できます。

注意点ですが、重曹とクエン酸から発生する泡は二酸化炭素です。危険度は低いですが、念のため換気をしながら作業を行ってください。熱湯を使用すると排水管を傷める原因になりますので、必ず少し冷ましたお湯を使用してください。手元にクエン酸がない場合は、同量のお酢でも同じ効果があります。

パイプクリーナーを使用する方法

重曹とクエン酸では効果がない場合、分解力の強いパイプクリーナーを使用しましょう。市販のパイプクリーナーにはさまざまな製品がありますが、まずは選び方からご説明します。汚れを分解する成分のうち、パイプクリーナーによく使用されているのは水酸化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウム、微生物の三種類です。

このうち、油汚れをはじめとしたさまざまな汚れを分解してくれるのが水酸化ナトリウムです。パッケージに記載されている水酸化ナトリウムの濃度にご注目ください。この濃度が高ければ高いほど、油や食材カスのタンパク質を分解する力が強くなります。

本格的に詰まりが気になり出した状態であれば、水酸化ナトリウムが1%以上含まれているものを選んでください。詰まりの症状は出ていないけれど、予防のために定期的に使用したいという場合であれば、1%未満のものでも十分に効果を発揮します。

パイプクリーナーを使用する際はパッケージの説明書きをよく読み、正しくお使いください。使用の際の注意点ですが、時間の置きすぎは逆効果になる場合があります。パイプクリーナーは薬剤を排水口に流し込んだ後、少し時間を置くことによって汚れを分解します。

この放置時間が長すぎると汚れが一箇所に集まってしまい、再び固まって詰まりの原因になってしまうケースがあるのです。指定された時間を超えて、長時間放っておくのはおやめください。また、パイプクリーナーの製品によっては流す際にお湯を使用することで有害なガスが発生する場合があります。危険ですので、薬剤を流す際は必ず水を使用するようにお願いします。

詰まりが取れない場合はとっとり水道職人へご依頼を!

家庭内での対応では詰まりが解消できない場合は、お早めに専門業者にお知らせください。とっとり水道職人は、トイレ、キッチン、お風呂場などの水回りのトラブルを解決する水道の専門業者です。鳥取市、倉吉市、大山町、南部町、智頭町など、鳥取県内のさまざまなエリアに出張いたします。トラブルの際はぜひとっとり水道職人にご相談ください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315