水のコラム

トイレの便器がつまって焦った時は業者に修理を依頼する方が楽

2021年06月05日  トイレのつまり

トイレの便器に異物が入ってつまった時どうする?

トイレの便器に何か異物を落としてしまってつまらせた時、本当に焦ってしまいます。すぐに拾えるものなら慌てて拾えばそれで済みますが、便器の奥の方に入り込んでしまった異物はどうしたら良いのか焦るだけです。そんな時は、焦ってみても何も変わりません。落ち着いて水回りのプロに相談して解決してもらった方が楽に早くできます。

・便器の水が溢れそうで怖い
うっかりスマホやライターなどの固形物を便器に落としてしまい、それに気づかずに水を流した時、水が溢れそうで怖くなります。

洋式便座に座ったままだと、便器内を見ることが面倒なので、あまり見ません。便器に固形物を落としたことに気づくことなく、トイレットペーパーを流すと、流れが悪いことに気づきます。水が流れないことに疑問を持ちながら何度も水を流すと、次第に水が溢れそうに増えてしまいます。異常に気づいて便器内を見ると、水位が上がってきているのを見てますます焦ってしまいます。そんな経験はありませんか?

・便器の奥から異音が聞こえる
水を流した時に、便器の奥の方から何やら「カランカラン」とか「バブバブ」と、普段あまり聞かない音が聞こえることがあります。これはまさしくトイレに流せない固形物を流してしまい、奥の方でとどまっていることを示す音です。

すぐに取り出せる状態なら良いのですが、多くの場合は業者さんに依頼して取り出してもらうことになります。この状態が確認できたのなら、躊躇していても意味がありません。速やかに業者さんに連絡をして、すぐにでも来てもらう以外に方法は無いと考えて良いでしょう。

・奥の方で固形物がチラッと見える
便器を覗いてみると何やら奥で異音が聞こえると同時に、チラッと見える物体に気づくことがあります。うっかり落としてしまった携帯電話やハンカチなどが水の動きによってチラッと見えたりするのです。取り出せる状況ではないという認識が持てる時は、自力で取り出そうとせずに、すぐに業者さんに連絡した方が良いでしょう。無理して取り出そうとすると、ますます取り出せない状況になるので、下手に触らない方が良いのです。

トイレがつまる原因と対処法

ズボンや下着を下ろして便座に座った瞬間に、ポケットからスマホなど、何かが落ちてしまうことは、よくあることです。そしてそのような時は、落としたことに気づかないことがよくあるものです。落とした記憶が無いのに、固形物が流されてから慌てて手を突っ込んでみても遅い場合が殆どでしょう。落としたことはどうしようもないので、冷静に業者さんを呼んでみてはいかがでしょうか。

・水に溶けにくい固形物を流した可能性はあるか?
水に溶けない固形のものを流してしまうと、つまりの原因となることがあります。たとえば、生理用のナプキンや赤ちゃんの紙おむつは、水に溶けませんから流してはいけません。また、トイレ掃除の時に、トイレクリーナーの蓋を落とすことや、消臭剤の内蓋を落とすこともあるかもしれません。

小さい子どもがおもちゃを落として慌てる時もあるでしょうから、まずは固形物を流した可能性を疑ってみるべきでしょう。固形物を落とした可能性が疑われる時は、分かった時点で水を流すのをやめてください。そして、速やかに専門業者に連絡をして来てもらうように手配をするべきです。

・ズボンの中の携帯電話を落としていないか?
夏場は短パンで過ごすことが増えます。短パンのポケットに携帯電話やスマホを入れた状態でトイレに行くと、短パンや下着を下ろした時にスルッとポケットから落ちることがあります。落としたことを本人はほとんど気づくことはないので、普通に用を足して水のレバーを回してしまうのです。そして、水の流れが悪くなり、変な音がすることで気づくことになるのです。

そういったケースでも慌てることなく、専門業者を呼んで対処してもらうことが最善の方法となります。排水口の奥の方で、わずかに携帯電話などが見えたとしても、あまり触らない方が良いです。下手に触ってしまうと、便器の奥の排水管に入ってしまい、修理費用が高額になる可能性は否めません。

・食べ残しや嘔吐物を流していないか?
カップラーメンの汁や残った食物をトイレに流すことはやめましょう。食物などは水と一緒に流れていくと考える人もいるでしょうが、大きな食物は固形物ですから、排水管手前でつまる原因になります。また、お酒を飲み過ぎた夜や翌日にトイレで吐いた場合も嘔吐物がつまってしまうことがあります。嘔吐物も食物も固形物であるという認識を持つ必要があります。

・大量の溶ける紙を流していないか?
水に流せるトイレ用のクリーナーであっても、大量にまとめて便器に入れてしまうと、流れずに奥の方でつまってしまう場合もあります。また、水に溶ける種類のペット向けトイレ砂も、一度にたくさん流したらつまるケースが出てきます。水に溶ける紙であっても、流せる適量があるので、少しずつ流すようにするべきです。もし、水に溶けるものを大量に流したことが原因と考えられる場合は、しばらく時間を置いてみましょう。水を吸って柔らかくほぐれると流せる可能性があります。

トイレのつまりは業者を呼ぶことが最善の方法

トイレのつまりの原因はわかったとしても、下手に手を出したことで、どんどん悪い方向に行くケースがあります。固形物を取り出そうとして、奥を突いて便器を破損させたりする可能性もあります。トイレがつまった時は、簡単に諦めて業者を呼ぶのが無難です。その方が結局は費用を安く済ませることにもなるのです。

トイレのつまりで困った時は、とっとり水道職人にご連絡ください

トイレのつまりを早く解決したい時は、焦らずトイレもいじらずに、とっとり水道職人にご連絡を。とっとり水道職人は、鳥取市、米子市、境港市、倉吉市など鳥取県のほぼ全域をカバーしています。水回りのお困りごとがあれば、お気軽にご連絡をください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315