水のコラム

トイレの水漏れトラブルの原因は?原因を特定してから対処しましょう

2021年05月05日  トイレのトラブル

トイレの水漏れが起きたら原因を探ろう

トイレにはあらゆる箇所から水漏れが起こる恐れがあります。その都度漏れが起きている箇所により対処方法が異なりますので、まずはトイレのどのあたりから水漏れが起きているかの原因をまず確認しなければなりません。ではトイレの水漏れはどのあたりから起こるのでしょうか。

トイレのタンクからの水漏れ~水位が高くなっている場合~

トイレに付いているタンクの中でチョロチョロやポタポタというような水漏れ音がする場合は、タンクの中で何か不具合が起きている可能性があります。タンク内を確認してみましょう。タンクを開けて、オーバーフロー管を参考にして水位が高くなっていないか低くなっていないかを確認します。タンクの標準的な水位は、オーバーフロー管の先端部分から2cmから3cm程度の位置です。

まず、水位が高いケースではボールタップが故障して、浮き球が劣化している場合があります。ボールタップはタンクの中の水位の位置によって水を出したり止めたりする給水に関連する部品になります。この部品が故障するとオーバーフロー管から便器内に水が漏れてしまうのです。この時浮き球を持ち上げてみてそれでも水漏れがおさまらない時はボールタップの不具合によるものと言う可能性がありますのでボールタップを交換すると良いでしょう。

また、水位の高さをボールタップに伝える役割をする浮き球が劣化しているケースも水漏れが起きる可能性があります。浮き球を持ち上げて水が止まる場合は浮き球が劣化によって割れてしまっていることがありますので、新しい浮き球へ交換しましょう。

トイレのタンクからの水漏れ~水位が低くなっている場合~

今度はタンク内の水位が低くなっているケースです。これは、レバーとフロートバルブをつないでいる鎖が切れて何らかの原因で絡まっているとフロートバルブが正常に作用しなくなって、隙間ができてしまい排水管から水が少しずつ漏れ出してしまいます。

よく節水のためにタンクの中にペットボトルを入れる方がいらっしゃいますが、これこそフロートバルブの鎖が絡まる恐れがありますし、黒カビを防ぐために使われるトイレタンクの洗浄剤を使うことで鎖の劣化を早めてしまうことで起きるケースがあります。できるだけタンクの洗浄剤は使用しないようにすると良いですし、節水のためにとペットボトルを使用するのは避けましょう。

この他に、タンクの下に付いている黒いゴム栓・フロートバルブが劣化している可能性があります。ゴム製でできているものですので、長年の使用によってフロートバルブがひび割れなどを起こして劣化してしまうのです。そのひび割れから少しずつ水が漏れだす事でチョロチョロと水漏れが起きる可能性があります。この場合はフロートバルブを交換して対処しましょう。また、オーバーフロー管が劣化する事で水漏れが起きて水位が低くなってしまう恐れがあります。

便器のヒビによる水漏れ

便器自体は劣化しにくい材質ではありますが、物を落とすなど何らかの外的要因によって便器にヒビが入る可能性があります。ひび割れができた時点ではすぐに水漏れにつながることはありませんが、そのまま放置しておくとヒビが大きく広がって水漏れにつながることがあるのです。

ヒビは基本的に補修できないので便器を交換することになりますが、交換するまでの間はパテやコーキングなどで一時的にひび割れを補修してヒビの拡大を防ぐと良いでしょう。

便器と床の間からの水漏れ

便器と床の間から水が染み出ているように漏れていることもあります。このような時は、床下の配管や便器の接地面から水漏れが生じている可能性があります。配管からの水漏れは床材を剥がして漏水があるかどうかをプロの業者によって確認する必要がありますが、便器の接地面からの水漏れは、便器に墨汁を数滴入れて便器と床の間から黒い水が染み出て来たら接地面からの水漏れだと特定できます。

放置しておくと床下にカビが繁殖して腐ってしまう可能性があるので、水道修理業者に対応をお願いすると良いでしょう。

トイレタンクの結露

トイレの床辺りが濡れている場合、トイレタンクを見ると水滴が付いていることがあります。これは水漏れではなく、トイレタンクの結露が考えられます。冬は特に結露が起こりやすいですが、夏でもトイレの中は湿度が高くなりがちな箇所なので結露が起きてしまう可能性があります。

トレイタンクに結露ができると、床だけでなく壁も濡れてカビの繁殖につながりますので、結露ができている場合は随時拭き取って対処しましょう。また、結露を防ぐためには窓を開けて換気をして、24時間常時換気をするなどして対策をしましょう。

トイレなどの水廻りトラブルに対応するとっとり水道職人

トイレの水漏れはご自身で対処できるものもあれば、プロの水道修理業者の対応が必要なケースもあります。もし水漏れの原因がわからない場合は、なかなか水漏れがおさまらない場合は、ぜひとっとり水道職人へお問い合わせください。

とっとり水道職人は、鳥取市、米子市、倉吉市、境港市といった鳥取県全域を網羅しており地元に密着した修理サービスを提供しております。24時間いつでも年中無休で電話受け付け中ですから、トイレの水漏れトラブル、その他にも水廻りトラブルでお困りの際はぜひ当店へご相談ください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315