水のコラム

お風呂の頑固なカビ!予防法と対処法とは?

2021年08月01日  浴室のメンテナンス

毎日浴槽をピカピカに磨き上げても、いつの間にか発生しているカビに頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。
高温多湿を好むカビにとって浴室はまたとない繁殖の場なのです。

そこで今回は、一度発生すると厄介なカビの、繁殖の予防方法とできてしまった際の対処法をおさらいしたいと思います。

カビの生態

一言にカビと言っても、浴室には赤カビと黒カビの2種類が見られます。
赤カビとはいわゆるピンクぬめりのことで、酵母菌の一種です。
エサを必要とせず高温多湿な場所であれば繁殖するために、かなりのスピードで床や壁や椅子など浴室内のいたるところに広がっていきます。

スポンジで擦り洗いすれば簡単に落せますが、除菌しなければ1日2日のうちに再発するほどの強い繁殖力を持っています。

そして赤カビをエサとする黒カビは、同じ酵母菌の一種ですが根を張るため除去するのが困難なことが特徴です。
黒カビは湿度70パーセント以上、20℃から30℃の室温、皮脂やほこりというエサがある場所で繁殖します。

無害な赤カビに対して黒カビは飛んだ胞子を吸い込むと喘息やアレルギー、シックハウス症候群という健康被害を誘発する危険があります。
放置すればするほど深刻な被害をもたらすカビは、どうすれば防げるのでしょうか。

カビの予防法

カビを防ぐために大切なのは、カビの好む環境を作らないことです。
まず、浴室を出る際は必ず浴槽の蓋を閉め、換気を行うようにして湿度と温度を高いままの状態が続かないようにしましょう。

また、浴室内にまんべんなくお湯でシャワーをかけて水滴が残らないようにし、石鹸カスや皮脂垢を洗い流しましょう。
そして余裕があればスクイージーやクロスで水滴を拭き取ってください。
この習慣を作るだけで、カビだけでなく水垢の付着も予防できます。

そして、浴槽だけでなく浴室の床や壁も、週に一度は浴室用の洗剤でしっかりと擦り洗いするようにしましょう。
除菌効果もあるため目に見えないカビの原因となる菌を除菌することができます。

また、浴室のドアのゴム部分や床の角などカビが発生しやすいところにアルコールスプレーをしておくと効果的です。
また、定期的に浴室用の煙が出るタイプのカビの予防薬を使用すると、より確実にカビの原因菌にアプローチすることが可能です。

カビを見つけてしまったら

どんなに気を付けていても、お手入れの届かなかったところや思いもよらない場所にカビは発生してしまうことがあります。
赤カビの場合は擦り洗いした後、アルコールスプレーで除菌を行えばきれいになりますし、原因となる菌も死滅します。

しかし、菌糸が伸びて頑固になった黒カビの場合は、同じようにはいきません。
まず、カビは酸性の汚れのためアルカリ性の重曹や塩素系の漂白剤が効果的です。
そして、浴室のカビの表面には同じく酸性の皮脂汚れが付着している可能性が高いです。

黒カビの除去法はいくつかありますが、まずは口に入っても安全な重曹とお酢を使用した方法をご紹介しましょう。
まず、水とお酢を5対1で混ぜ、カビにスプレーで塗布し10分前後置いた後こすり、さらにその上から重曹を振りかけお酢のスプレーをしてから擦ります。

それでも落ちない場合や手っ取り早く落としたい場合は、市販のカビキラーなどの塩素系漂白剤を使用しましょう。
スプレータイプや原液タイプがあり汚れの場所によって使い分けることが可能ですが、頑固な黒カビには濃さを調整できる原液タイプを使用することをおすすめします。

まず、塩素系漂白剤を片栗粉で固めてペースト状にし、カビに塗り込んで時間を置き、熱いシャワーで洗い流してください。

それでも落ちない頑固な汚れは、まずは表面の皮脂汚れを弱酸性のセスキ炭酸ソーダを溶かしたお湯で優しくこすり落とします。
その後2倍に薄めたキッチンブリーチ塩素系漂白剤をキッチンペーパーに浸し汚れが気になるところにペタっと貼り付け、さらにその上から同じ液を馴染ませます。
1時間以上おいてから流すと、頑固な黒カビにも浸透してきれいに落とせます。

また、黒カビが天井に発生している場合は塩素系漂白剤をスプレーするわけにもいきません。
その場合は柄付きのスポンジに塩素系漂白剤を溶かした水を染み込ませ、天井全体にいきわたるように拭き、最後にシャワーで洗い流してください。

塩素系漂白剤は非常に強力で目や皮膚に付着すると危険です。
使用する際はゴーグルやエプロンやマスクを着用の上、十分に注意して使用するようにしましょう。

お風呂のお悩みはとっとり水道職人にお電話ください

カビだけでなく排水口の詰まりや臭い、水漏れなどトラブルが起きやすい浴室、ご自身の対処が難しい時はプロに相談してみませんか?

とっとり水道職人は鳥取市、米子市、倉吉市、智頭町、八頭町、岩美町、若桜町など鳥取県全般で水回りのお悩みに寄り添い解決してきた、水道工事のエキスパートです。
まずはお見積りだけでも、お気軽にご連絡ください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315