水のコラム

給湯器の修理や交換の自力はNG!トラブル原因や対処法や修理費用相場

2021年08月13日  給湯器の水漏れ

給湯器の修理や交換を自力で行ってはいけません。ガス給湯器、電気温水器、石油給湯器など全般で交換設置をするには資格が必要です。ただ、業者に依頼するとしても修理をするか交換をするか判断するため、事前の知識は持っておいて損はありません。給湯器の水漏れに関し、修理代金の相場も含めて解説します。

給湯器のトラブルで多い原因は水漏れ

給湯器のトラブルとして多いのは、水漏れです。水を溜める弁が壊れると水漏れが起きます。給湯器は水を温めるのが目的の機器ですが、内部には一定量以上の水を排出する安全弁や減圧弁や逃し弁が設けられています。新品の頃から時間が経過すると徐々に劣化すると、ポタポタと水漏れが起きるのです。

給水管やホースからも水漏れが起きます。給水管やホースからポタポタと水漏れが起きるケースだと、一般的にパッキンの劣化が考えられるのです。パッキンが劣化すると緩みが生じて水漏れが起きます。

部品の劣化以外に設備不良や設置不良も、水漏れにつながる原因です。特に設置したばかりのときに取り付けに問題がある、本体に不良があっても水漏れは生じます。部品の劣化や使い方の問題ではないため、保証期間内に業者や購入した店やメーカーに相談したら対応してくれるでしょう。

寒冷地の場合、給湯器を長期間使用しないと凍結します。温度が特に低くなった日は一晩で凍結するケースもあり、配管や内部が破損するリスクがあるのです。給湯器は屋外にあるタイプも多く、毎日注意深くチェックしないところですし、お湯が出ない異常がすぐに出ません。お湯の温度が設定よりもぬるくなったり、熱くなったり、温かくならなかったりすれば水漏れが生じている可能性があるためすぐにチェックしてみてください。

給湯器の水漏れの放置は危険!不完全燃焼は回避

ガス給湯器の場合、火の近くで水漏れが起きると危険です。不完全燃焼からの一酸化炭素が発生し、一酸化炭素中毒が起きた場合、死亡事故に発展しかねません。放置する期間が長ければ、その分、危険度は増すため水漏れの放置は危険です。

給湯器が正常に動いていると、青い炎が出ています。不完全燃焼が起きると温度が低くなるため、炎は黄色くなるのです。いつもと違ってお湯の温度が安定しないと感じたら、給湯器の窓から炎の様子を見てください。黄色い炎なら使用を止めて水漏れが発生していないかチェックし、専門業者に依頼しましょう。

水漏れを放置すると、ポタポタであっても、水が出ているのは同じですから水道料金は高くなります。給湯器の内部に水が入れば、配管が濡れてショートにつながるため危険です。ショートすれば火災になり、戸建てでもマンションでも大きな迷惑をかけることになります。

水漏れ程度とあなどってはいけません。給湯器の水漏れは機器の故障で終わらず、一酸化中毒が起きれば死亡事故につながりますし、火災が発生すれば大問題です。給湯器の調子が悪いと感じたらすぐに使用を止めて、専門業者に相談しましょう。

給湯器の寿命とトラブルの予兆!10年経過すれば交換を検討

給湯器の水漏れが起きる可能性が高くなる目安は、耐用年数である約10年~15年です。あくまで目安であり、環境や使用状況によっては、パッキンや内部パーツの劣化が早まる可能性はあります。10年~15年が経過しているなら、部品の交換も検討しはじめたほうがよいでしょう。給湯器全部を新しくすることも考えてみてください。

故障が起きた原因が凍結によって内部が破損した場合、全体交換になりやすいです。機器内部の配管が破損すると、機器が見ずに濡れている可能性があります。配管を交換しても不具合が生じる可能性は高いです。

給湯器にトラブルが起きる予兆はあります。給湯器から異音がする、黒い煙が出てきた、作動中に震える、エラーコードが出て消えないなどの予兆です。異常があると給湯器が教えてくれているので業者にすぐ相談してください。

業者が来るまでの応急処置と修理代金相場

給湯器の水漏れが起きても、資格がないと修理や交換はできませんが、応急処置はできます。業者に来てもらう前に、危険性を低くしておくのは大切です。一旦状況は治まるかもしれませんが、あくまで応急処置と考えてください。完全に修理をしてもらうまで、危険性はなくなっていません。

給湯器の水漏れやトラブルが起きたと感じたら、すぐに使うのを止めてください。水漏れが起きている箇所が目視できるなら、市販の水漏れ対策テープを貼ります。給湯器へ水を送る元栓を閉めれば水漏れは治まるため、普段からどこにあるか確認しておいてください。

給湯器の修理代金は部品、技術料、出張料、故障診断料の総額が一般的な相場です。部品代は約2,000円~約30,000円、技術料は約3,000円~12,000円、出張料が2,000円~3,000円程度ですがあくまで目安と考えてください。対応メーカー、ガス、電気、エコキュートなどで料金は変わります。海外製品もあるため、電話で事前確認してください。

鳥取市で給湯器の修理や交換はとっとり水道職人

鳥取市と米子市、倉吉市、境港市、琴浦町で給湯器の水漏れトラブルが生じたら、とっとり水道職人にご相談ください。給湯器の水漏れは放置すると、一酸化中毒や火災につながりかねません。早めに専門業者に相談が大切です。とっとり水道職人は給湯器の水漏れを含めてトラブル全般に対応できるためぜひご相談ください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315