電話して相談する

水のコラム

賃貸の床の水漏れでフローリングの修理が必要に!こんなとき使える保険について

2021年06月20日  水漏れトラブル

自宅の床が水漏れでびしょ濡れになり、フローリングの修理が必要になったとしたらいくらかかるでしょうか。
マイホームならまだしも賃貸の場合、責任問題に発展するのも怖い話です。
実は、賃貸でも自室の床への水漏れに対して、いくつか使える保険があります。
今回は賃貸の水漏れではどんな保険が使えるのか、詳しく見ていきましょう。

賃貸で水漏れが発生したときに使える可能性がある保険は2種類

持ち家と賃貸のどちらに住んでいても、建物が水漏れによって被害を受けたときに使える保険があります。
保険は賃貸の場合なら契約時に強制加入となることが一般的で、保険金額が低くても加入していることがほとんどです。

・火災保険
火災保険は、火事などの火災、強風などの風災、水漏れに対しては水濡れ、洪水などは水災などに分かれていて、建物が受けた損害の原因別に保険が適用される範囲がことになります。

賃貸住宅で水漏れして床が水浸しになった際には、建物内の給排水設備の故障や事故、もしくは他の住宅で起こした水漏れによる被害、消火活動の際の放水による被害などが適用範囲になります。
火災保険で家財の補償が付いている場合は、テレビやその他の家電の破損時にも補償されることがあるので、強制加入させられるのが嫌でも加入しておいて損はありません。

・個人賠償責任保険
個人賠償責任は事故やうっかりミスで他人にケガなどの損害を与えたときに損害金を補償する保険です。
大きく分けて個人の居住者が契約する「借家人賠償責任保険」「個人賠償責任保険」、管理会社や大家さんが契約する「建物管理賠償責任保険」や「施設賠償責任保険」があります。
個人賠償責任保険は全体的に保険金額が高めの保険が多く、こちらも加入しておいて損はない保険です。

賃貸で水漏れの際に保険でまかなえる条件について

・自己責任(自分が原因)での水漏れ被害
自分の部屋の中で水漏れを起こし、それが床や壁に損害を与えた場合は大家さんに賠償しなければなりません。
また、水漏れの被害が床で収まらず階下にも損害を与えたときは、個人賠償責任保険で補償されます。
ただ、個人賠償責任保険は火災保険に付帯しているか、個人で別途加入している場合のみ適用となるので、加入していなければ自費で賠償するようになります。

・他人が起こした水漏れ被害
階上の住人が水漏れを起こしたために自室が被害にあったときは、階上の住人に損害を時価で補償してもらうことができます。
自分が契約する火災保険の内容に新価特約があれば、損害に遭った家財を買い替える際に、階上の方からの時価での補償では足りなかった分の費用の差額も補償されます。

・共有部分の配管による水漏れ被害
水漏れの原因が賃貸物件の共用部分にある場合は、管理会社や大家さんが契約している建物管理賠償責任保険や施設賠償責任保険で補償され、賠償金額は時価となります。

中には保険でフォローできない例もある

賃貸住宅でどんなに床の水漏れがあっても、次に該当する場合はどの保険も補償の対象外となります。

・建物の経年劣化や施工不良による水濡れ
・水濡れの原因となった自室の水道管の修理費用
・故意の水漏れや重大な過失が原因と断定できる水漏れ被害
・今後予測可能な範囲での事故

賃貸での床の水漏れへの補償はあくまでも突発的な事故や偶然の事故、自然災害などのように外来的な理由によるもののみです。

特に、4つ目の項目のように、これまで傷みや老朽化、交換や修理の必要性がわかっていたにも関わらず応急処置で済ませたり、放置したりしていた場合は補償の対象外になります。
そのため、水回りの点検や素人でも確認できる部分、水漏れの有無などは定期的に行うようにしましょう。

賃貸住宅に住むなら火災保険や個人賠償責任保険の内容を確認しよう
賃貸に住む場合、ほとんどの管理会社や大家さんが小規模でも火災保険への加入を条件にすることが多いです。
これから賃貸に住む予定がある方や、すでに住んでいる方も、1度は万が一の水漏れへの備えとして火災保険や個人賠償責任保険の内容を確認することをおすすめします。

例えば、家財は最大いくらまで、コンクリート床は対象になるかどうか、フローリングはどうなのか、クロスの張り替えは対象になるのかなど、保険の対象になるケースを確認するのが重要です。

なお、連絡先をスマホに控えておいたり、いつも持ち歩くバッグに入れておいたりすることも考えておいてください。
近年は台風による水災も増加傾向にあるので、今のうちに確認や内容の見直しをしておくのも良いでしょう。

保険の備えがないときは修理の専門業者にも相談してみよう

とっとり水道職人は、鳥取市や米子市をメインとした鳥取県のすべてのエリアを対象に水トラブルをフルサポートする水回りの修理のプロです。
トイレやキッチンなどの水漏れや詰まりはもちろん、床など広範囲への水濡れにも対応しています。
気になる症状がある方は、ささいなことでも良いので早めにとっとり水道職人にご連絡ください。

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315

とっとり水道職人(鳥取水道職人) 0120-492-315